介護保険から給付を受けるための手続きをする介護事務

高齢化社会に少子化社会と日本の国は昔から見るとすっかり様変わりしてしまいました。

それに伴い新しい職業も出てきました。

高齢者が利用するようになる介護保険はそのうちの一つです。

医療保険は医療事務が行い、介護保険は介護事務が行うのです。

医療保険については実際に自分が病院で診察を受けているので、その際の保険の点数が計算されて金額を請求される仕組みはよく知っていました。

しかし、新しく出来た介護の保険については、誰がどのように手続きをしてくれて給付を受けるのかは、解っていませんでした。

そこで、将来利用することになると思う介護について知っておこうと思いました。

何も知らずにサービスを受けるのも嫌だと思ったのです。

介護を受ける場合は、自分の体の状況に応じて受けられる給付が違います。

ケアマネージャーによって認定してもらわなければなりません。

段階がはっきりしたところで介護事務の仕事が始まるようです。

介護のサービスはとても種類が多く、その一つ一つについて点数を知っておかなければいけないのです。

違った点数が出てしまう事があれば私達患者にとっては、重要な問題となります。

受けられるはずのサービスが受けられなくなる事があるからです。

だから点数計算は、集中して行っていると聞きました。

診察や手術とは違い大勢の人それぞれが様々なサービスを受けるのですから、大変な仕事であることは確かです。

しかし、そのお陰で私達患者は安心してサービスを受けられるのです。